高額カード

バンダイ版遊戯王には意外な価値が!?高額買取カードをまとめてみた!

更新日:

遊戯王カードには「コナミ版」と「バンダイ版」があるのはご存知でしょうか。

現在、OCG化されているのは「コナミ版」、その少し前に発売されていたのが「バンダイ版」と呼ばれています。(バンダイ版は1998年~1999年、その後のコナミ版は1999年~になります。)

バンダイ版の有名なカードだと、「本田ヒロト」と「海馬瀬戸」が有名かもしれません。

特殊能力「おみそ」
彼はルールがよくわからないので戦闘では必ず負けるが、星の数がゼロなので相手の得点にもならない。

特殊能力「達人」
彼はモンスターのカードが相手なら必ず勝つ。が、キャラクターのカードが相手だと必ず負けてしまう(本田にも負ける)。

 

(本田にも負ける)

 

この記事では、そんな懐かしのバンダイ版のカードで意外にも価値がある高額カードを紹介しています。買取価格は駿河屋を参考にさせていただきました。

駿河屋では、バンダイ版の遊戯王の買取を行っていて「遊戯王 バンダイ版」で検索すると買取価格がチェックできますので是非調べてみてください。

特に、週刊少年ジャンプの抽選だった「光の護封剣」、「聖なるバリアミラーフォース」、「ゲート・ガーディアン」は貴重なカードになっています。

光の護封剣

買取価格:8万円

バンダイ版の中で一番高額なカード。

型番「J2」、発行枚数500枚の超貴重品。

1998年4月に週刊少年ジャンプの抽選プレゼントで配布されました。

美品が現存しているのかも怪しいです。

聖なるバリア~ミラーフォース~

買取価格:6万円

型番「J1」、発行枚数1,000枚。

1998年4月に週刊少年ジャンプの抽選プレゼントで配布されました。

ゲート・ガーディアン

買取価格:2万円

三枚の魔神カードといっしょに出すと、全てのモンスターの攻撃力を3ターンの間、0にできる。

型番「J3」、発行枚数7,000枚。

1998年4月に週刊少年ジャンプの抽選プレゼントで配布されました。

遊戯王系Youtuberの動画でもよく出現するので、まだ流通量は多いカードです。

レーザー砲機甲鎧付き昆虫人間

買取価格:1万円

「光の護封剣」・「聖なるバリアミラーフォース」・「ゲート・ガーディアン」といったカードは、抽選のため手に入れるのが難しいカードですが、もしかしたら押し入れに眠っている可能性があるカードがあります。

それが、「レーザー砲機甲鎧付き昆虫人間」です。

このカードは、本来「火器付機甲鎧昆虫人間」という名前なのですが、印刷ミスで「レーザー砲機甲鎧付き昆虫人間」と記載されているカードが一部あります。

  • 正:火器付機甲鎧昆虫人間
  • 誤:レーザー砲機甲鎧付き昆虫人間

1998年~1999年はネットも発達していなかったため、このカードがエラーカードかもわからず、もしかしたら捨ててしまった人が多かったのかもしれません。

そのため、現在の流通量が少なく、1万円以上で取引されています。

エラーカードは、普通の店舗では買取してもらえませんが、メルカリ・ヤフオクなどで意外な値段で売れる可能性がありますので調べてみる価値ありです。

遊戯王のエラーカードの価値とは?高額カードまとめ!【枠ズレ】

遊戯王カードには、通常のレアリティの他にも、印刷ミスや裁断ミスといった、通常では起こりえないトラブルによって生まれてしまったカードがあります。 そのようなカードは「エラーカード」と呼ばれ、コレクターに ...

邪悪なる鎖

買取価格:5千

3体のモンスターを連結して邪悪なるパワーで攻撃力を上げる。

1999年に公開された「'99春東映アニメフェア」の前売り券で配布された限定カード。

劇場でもらうことができる「青眼の白竜3体連結」と比べると、前売り券でもらえる「邪悪なる鎖」の方が希少度が高くなっています。

豆知識を書くと、この同時期にコナミ版のOCGが発売されました。

青眼の白竜(ブルーアイズホワイトドラゴン)

買取価格:千円

おなじみ、海馬瀬戸の相棒カード。

バンダイ版、遊戯王カード第一弾のため高額査定になっています。

青眼の白竜3体連結

買取価格:千円

「邪悪なる鎖」と連結された「青眼の白竜3体連結」を揃えて出すと攻撃力4500・守備力3000となり、8回連続で戦闘できる。

1999年に公開された「'99春東映アニメフェア」の来場特典で配布された限定カード。

青眼の究極竜の元になったカードです。

カードダス版では、4枚のカードに別れていて、繋げると1枚のカードになる仕様でしたが、特典カードはその4枚を1枚にしたカードになっています。

3体のうち1体のブルーアイズが攻撃をさぼっている模様。なぜ、9回連続ではなく、8回連続にしたのかは不明。

真紅眼の黒竜

買取価格:千円

城之内の相棒カード。

バンダイ版、遊戯王カード第一弾のため高額査定になっています。

管理人も持っていたのですが、捨ててしまいました...

遊戯王カード買取サイト!おすすめランキング!

ネクストワン

遊戯王の買取で一番にオススメするネクストワン。管理人も遊戯王を売るときには、ネクストワンを使っています。

ネクストワンの強みは、なんといっても買取価格の高さと字レアを1円以上で買い取ってくれるところ。

スーパーレア以上も、特定のカードはメルカリ以上の値段で売れることもあるので1番オススメです。

トレトク

他のサイトでは、オススメとされていますが、管理人的にはあまりオススメではないです。

ネクストワンと比べると、字レア・スーパーレア以上の買取価格はかなり安く設定されています。

公式HPに、ノーマルカードでも全部カードを査定してくれるという記載があったので、試しにノーマルカードだけを送ってみましたが確かに査定していただけました。

大量のノーマルカードを査定するのであれば、トレトクを利用するのはアリですね。

-高額カード

Copyright© 遊戯王カード買取LABO , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.