青眼の白龍(ブルーアイズ)レリーフ青艶版の違いと見分け方とは【比較画像あり】

更新日:

遊戯王のアルティメットレア(レリーフ)の中で一番高額なカード、青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイトドラゴン)。

この青眼の白龍には、通常版と青艶版があることはご存じでしょうか?

管理人も、そんな違いがあるなんて知らなかったのですが、Youtuberのみさわときまぐれクックの動画で青艶バージョンなるものがあるということを知り、調べてみました。

少し話が変わるのですが、

メルカリで遊戯王カードやポケモンカードを販売している方に朗報です!トレカ専用のフリマアプリ「magi(マギ)」が4月24日にリリースされました!

手数料0円+売買でポイント還元+無料登録時に100円分のポイントプレゼントされていますので是非利用してみてください!

招待コード:「Z6GTYD」を入力すれば、私とあなたに300ポイントがもらえますよ!1ポイント=1円換算なので、300円分magi(マギ)で利用できます!

300円あれば結構いいカード買えちゃいますね!

青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイトドラゴン)の青艶とは

青眼の白龍、レリーフが封入された「Spell of Mask -仮面の呪縛-」には、印刷時期の違いによってレリーフ加工が違う青眼の白龍が存在しています。

それが、青艶版と呼ばれるカードです。

青艶版は、通常版より希少価値がありコアなコレクターであれば、通常版に合わせて青艶版も欲しいため、最近相場が上がりつつあります。

さて、青艶版がなぜ出来てしまったかの詳細は不明ですが、管理人が考察をしてみます。

考えられる可能性としては、「途中で印刷会社が変わったのではないか」ということです。

なぜ変わったかというと2000年の10月の「暗黒魔竜復活」のネームエラーカード製造というミス。

印刷ミスをする業者では、ダメだということで会議をした結果、印刷業者の変更が決定、その変更時期が「Spell of Mask -仮面の呪縛-」発売頃だったのではないかと考察しています。

※あくまで管理人の妄想ですので、真に受けないでください。

「Spell of Mask -仮面の呪縛-」発売前の時系列をまとめたので参考にどうぞ。

発売日 ボックス 出来事
2000年4月20日 Magic Ruler -魔法の支配者- 右下にスタジオ・ダイスが記載される。
2000年10月26日 暗黒魔竜復活 ネームエラーのカードが発行される。
2001年4月19日 Spell of Mask -仮面の呪縛- ネームエラーの件があり、途中で印刷業者を変えた?

スタジオ・ダイス版とネームエラーのカードについては、下記の記事を参考にどうぞ。

no image
遊戯王初期のスタジオダイス版はなぜ高額なのかを解説

遊戯王の初期ノーマルカードで「偽物のわな」というカードが以前5,000円以上で売れたというのはご存じでしょうか? なぜ、そこまで高額で売れたかというとこの「偽物のわな」はスタジオ・ダイス版だったからで ...

遊戯王のエラーカードの価値とは?高額カードまとめ!【枠ズレ】

遊戯王カードには、通常のレアリティの他にも、印刷ミスや裁断ミスといった、通常では起こりえないトラブルによって生まれてしまったカードがあります。 そのようなカードは「エラーカード」と呼ばれ、コレクターに ...

青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイトドラゴン)の青艶の見分け方

通常版と青艶版の見分け方ですが、正直知らない人は2枚並べて見比べなければわからないのでは?というほど微妙な違いになります。

参考画像がこちら

参考:https://www.dejapan.com/en/top/mall/asp/detail.asp?code=t663881538&mall_name=Auction&s_keyword=&mall_name_search=Auction

左側が通常版、右側が青艶版です。

違いは、背面の色。通常版は、背面が紫色っぽくなっており、青艶版は、背面が青色っぽくなっています。

確かに、青艶版の方がブルーアイズっぽい配色ですね。

Youtubeにも解説している動画がありますので、こちらを参考にしてください!

-高額カード

Copyright© 遊戯王カード買取LABO , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.